【総合病院・大学病院の心療内科病棟】求人の特徴・探し方・働き方について

大きな総合病院や大学病院になると、看護師の求人はどこの診療科目で行っているのか、配属はどこになるのかが事前にわかることは少ないのが特徴です。来院される患者数も多いため、確実に看護師の数は確保しておかなくてはいけないところですから、配属される診療科がどこになるのかは、希望は取るものの確実に希望する科に配属されるわけではないというのも、総合病院や大学病院の特徴になります。

 

ホームページなどを見てみれば求人募集があるかどうかはチェックすることができますし、働き方も正社員のみならず非常勤など募集要項は様々ですが、ある程度給料や福利厚生などの詳細はわかるものの、採用されて初めてもっと詳しいことが話し合われることがほとんどですから、希望や条件に必ず近い状態で働くことができるとは限りません。もちろん、ずっと同じ診療科で働くことができるわけではないですから、異動などの辞令が出れば心療内科を希望していたとしても、また違う科で業務を行うことになる可能性もあります。

 

ただ、心療内科で働きたいという希望を出し続けることで、人手が不足していなくても希望に沿った診療科で働くことができるよう打診してくれる場合もあります。それは、今までの自身の働きっぷりが左右するところですから、希望していた診療科に配属されなかったからといって、辞めようとするのではなく、経験や知識をしっかりと蓄え、いつでも心療内科に勤務することができる体制を自身も整えておくことが大切です。