【心療内科クリニック】求人の特徴・探し方・働き方について

ベッド数が19床以下、もしくは入院患者を受け入れる環境ではない心療内科クリニックも近年増えてきています。大半が個人医院となっており、規模にもよりますが医師一人、看護師数名、事務1〜3名と少ない人数で業務をこなしていかなくてはいけないことも多くなるため、看護師の業務に加え雑用などをすることも少なくありません。ベッド数があれば夜勤などはあるものの、病床を抱えていなければ日勤のみで働くことができるため、心療内科クリニックなどの求人はとても人気が高くなってきています。

 

ですので、1名募集のところに対して数名もしくは多数の応募者が出てくる可能性も否定できず、看護師として経験があっても採用される確率は低くなってしまうのも事実。かといって、全く求人がないわけではありませんから落胆することはありません。ですが、数ある診療科目の中でも、近年需要が高まっているとは言え、求人数が多いかと言えばそうではないため、タイミングを逃すと次はいつ巡り合えるかが分かりません。

 

そういった意味では、募集が出たら条件や希望があまりにもかけ離れていない限りは、応募してみることが大切です。また、クリニックとなると給料などは経験や年齢により優遇というような記載のされ方をしていることが多いため、なかなか給料面に踏み込んだ話ができなくなることがあります。できることなら、これらは後々の後悔につながってしまう可能性が出てくるため、事前に確認できるところはしておくに越したことはないでしょう。