心療内科で身に付く看護スキルや求められること

心療内科だからといって、カウンセリングのスキルなどが初めから身についていなければ働けないかといえばそうではありません。患者様の心に寄り添ったケアや治療が必要となる心療内科では、徐々に心のケアの方法や話しの聞き方など、ケースバイケースでどういった対応をするべきなのかが身に付いてきますので、徐々に慣れていけば問題はありません。ただ、看護師と言う仕事柄、どうしても自身が心身的ストレスを溜めてしまいがちになってしまいます。

 

本来、心身症により胃炎や過敏性腸症候群などの病気を引き起こしてしまった患者様のケアをするのが心療内科の目的なわけですが、あまりに多忙を極めるために自身の心身が乱れてしまうことも少なくないとされています。これでは、心療内科の看護師としてまっとうな仕事ができるとは残念ながら言うことができません。いくら仕事柄、弱音を吐くことや、辛いという言葉をもらすことができなかったとしても、辛い時は辛いと言う環境を整えておかないと、心療内科の業務はもちろん、看護師の仕事を続けていくことは難しくなってしまうでしょう。

 

特殊な科と言うイメージが強いのですが、実際はバイタルチェックやお薬の説明、点滴や注射など、他の診療科目と同じ業務をすることがほとんどです。もちろん、求人募集している病院やクリニックによってはカウンセラーなどに興味を持っている方を採用することも多いため、メンタルヘルス分野に興味を持っている方や、通ずる資格を取得したいと考えている方にとっては、身につくスキルはもちろん、技術や知識も圧倒的に多いと言えるでしょう。