未経験で心療内科の看護師求人に応募する際の注意点

看護師として働いてきている経験はあっても、心療内科は未経験であるという方も多いでしょう。看護の仕事をしていれば、心療内科がどのような業務を行っているところなのかは周知の事実ではありますが、近年は心療内科と謳っているものの、多くが精神科であることが増えてきました。本来、心療内科と言うのは、ストレスからくる胃炎だったり過敏性腸症候群のような、心身症の治療やケアを行うことが目的の診療科目なのですが、残念ながら、本来の業務ではない精神科の役割を担っているところが多くなってきているため、働いてみて想像とは違っていたりといったことも少なくなくなってきています。

 

看護師としての役割は何なのか、すでに経験を持っている方であれば未経験であってもさほど困ることなく働くことはできます。しかしながら、上記のように名目上は心療内科であっても本来の業務は精神科だったということが近年多くなってきていますから、求人に応募する際はどんな業務を行うことになるのか詳細を確認することをお勧めします。

 

また、病院の規模などによっても異なりますが、他の診療科目に比べると落ち着いた雰囲気の中で働くことができる環境が整っていることが多いため、人気のある診療科目でもあります。ですから、一つの求人に多くの応募が殺到することも考えられます。となると、未経験よりも経験者を採用することが多くなるのが現状ではありますが、経験がないからといって採用されないとは限りません。今までの経験を活かしながらなぜこの診療科を希望しているのか、その理由によっては経験者よりも未経験者を採用し、将来にかけた方が良いこともあるのです。