心療内科と精神科 看護師の仕事内容の違い

一般的なイメージとしては、心療内科と精神科はどちらも同じ診療科目というものが多いのが事実。看護師なら、その違いは何となくわかっていてもおかしくはないのですが、近年は、求人などを見てみても心療内科と名称にはあるものの、業務の内容は精神科だったということも少なくありません。ですので、看護師の中にも同じようなイメージを持っている方がいないわけではないのです。

 

心療内科というところは、心理的因子・社会的因子が影響を及ぼし、消化器官などに異常が現れてしまったり、レントゲンや胃カメラなどを行っても、これといった悪いところが見つからないにも関わらず痛みがあったり異常をきたしているような時に受診する科となります。もっと簡単に言うと、ストレスなどにより体調が異変をきたしているような時に、心療内科を受診するのが本来のあり方なのです。

 

逆に精神科というのは、その名の通り、精神疾患を専門に扱っている診療科目となります。心の症状だったり心の病だったりといろいろですが、不安や抑うつ、イライラや幻覚、幻聴や妄想などがこれらに当てはまります。どちらにも共通して言えるのが「心理」と言う部分ではありますが、心療内科には内科と言う言葉が付いているように、心理的な要因により体の病気が出てしまった時に受診をするところ、心の病気全般を専門に扱っているのが精神科だと認識していれば間違いありません。

 

いずれにしても、仕事の内容は一般的な看護業務であるバイタルチェックや注射、点滴が大半を占めます。看護師以外の資格がなくては働けないということではないですので、これといって仕事に違いが出てくるということはありません。