心療内科の看護師求人に応募する前に〜志望動機は明確に!〜

看護師不足ということもあって、看護師の資格があれば一生困ることはないと言われていますよね。現在のみならず、今後も需要が高まるとされる職種であることから、人気があるわけですが、不足状態が解消されないということはそれだけ大変な思いをすることも多いと言う証拠でもあります。心療内科は、心身症による疾患を患った患者様のケアと治療を行っていくのが目的の診療科目となるわけですが、数ある求人の中でなぜ、この心療内科にしようと思ったのでしょうか。

 

他にも内科や外科、整形外科など需要の高い診療科目はたくさんあります。心療内科を希望するということは、それだけ強い何か理由があるということですから、志望動機にもその「理由」を明確に伝えられるよう細心の注意を払うことが大切です。面接の際の印象というのは、大きな病院になればなるほど配属される診療科目が左右されると言われていますから、希望している科で働きたいのであれば、目的や理由をはっきりとさせておきましょう。

 

ただ、理由や目的を明確にわかりやすくまとめられる人はあまり多くはありません。伝えたいことがあればあるほど、文章というものはまとまらなくなってしまいます。そこをいかに上手にまとめて伝えるか、どのようにして思いの丈を短い文面に書き記すかが重要なポイントとなるのです。一つの求人に多くの方が応募するということは、決して珍しい事ではありません。たくさんの応募の中から選んでもらうためには、やはり印象に残る志望動機であるかどうかが左右すると言っても過言ではないでしょう。